雛人形で女の子の成長を願い込め~ギフト贈りたガール~

さまざまなサイズ

雛人形

多くの家庭で、桃の節句と呼ばれる3月に雛人形が飾られているでしょう。その家に住む女の子の成長を願うものだと言われています。男の子の場合は、端午の節句に五月人形や鯉のぼりが飾られるでしょう。こういった、昔から受け継がれている風習を行なうことは大切なものです。雛人形は新年を迎えた1月終わりごろから、大型デパート等では展示されていくようになります。最大のもので7段ある雛人形は、自宅に配置するスペースがないといけません。購入を検討する際には、予算はもちろんのこと、設置する予定のスペースの寸法をしっかりと測っておきましょう。

大きな7段サイズのものを購入することが難しいということであれば、5段や3段の小さめサイズの雛人形を購入するといいでしょう。全員の雛人形は揃いませんが、その作りは7段に負けず劣らず、立派な作りとなっているものです。最も小さなサイズのものには、お雛様とお内裏さま2人のみというものです。細かな装飾が施されており、見るにも美しい雛人形は、高級品のものだと7段で約60~100万円という値が付くと言われています。女の子がお嫁に行くまでの桃の節句には飾られるものとなるので、長期的な目で見ると安く感じるでしょう。しかし一括で支払うことが困難だという場合に、ローン決済を選択することもできるので、気軽に利用してみましょう。大型デパートの展示会では、人気商品からすぐに毎年売り切れになっていきます。季節を迎える頃には、早めに下見がてら足を運び、一生ものとなる雛人形をチェックしておくといいでしょう。

赤ちゃんの専門用品

ファミリー

出産祝いとしてプレゼントを贈る際には、赤ちゃんの専門用品を贈るといいでしょう。それらの中には、衣料品、ベビーカー、オムツ、離乳食があるものです。物入りとなる両親にとっても嬉しい贈り物となるでしょう。

名前入れサービス

家族

出産内祝いを贈る際には、のし袋に生まれてきた赤ちゃんの顔写真と名前を印刷しておきましょう。そうすると、受け取った側が赤ちゃんの名前を覚えやすくなるでしょう。通販ショップでは、のし袋の印刷サービスまで行っています。

実用性のある贈り物

案内

子どもが産まれたという人には、出産祝いを贈りましょう。赤ちゃんが産まれると、必要となる用品が数多くあるので夫婦は何かと物入りになるものです。毎日使用するオムツを華やかにかたどったオムツケーキは、人気を博する商品となっています。